イントラレーシックの術後の痛み

イントラレーシック後のサウナって可能?

イントラレーシックは夜間の視力に影響がでる?

イントラレーシックという言葉を「あまり耳にしたことがない」という方もいらっしゃるかもしれません。 日本国内では「イントラレーシック」という言い方では、 一般的でないにしても「視力が悪いのでレーザー治療を受けた」とか「視力を矯正するために日帰りで手術を受けた」という人が、 最近では周りに増えてきたような気がしませんか? イントラレーシックとは、視力が近視や乱視等で矯正している方が、メガネやコンタクトレンズを使用することなく、 裸眼の状態で視力を回復するために最新のレーザー機器で角膜に直接手術を行う方法のことです。 そしてイントラレーシックは、従来の方法として行われてきたレーシックの手術方法が、 さらに進化し高度な精密機器で行うことができるようになった手術方法です。 イントラレーシックを受ける前に、術後の気になる事として、よく夜間の視力の低下が言われますが、 レーシックに比べて術後に夜間の視力が低下するという症状が起きる確率はとても少ないと言われています。 よって、レーシックよりもイントラレーシックの方を受けておけば、 術後に夜間の視力が低下する危険性を極力避けることができます。

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.