イントラレーシックでの角膜の様子

イントラレーシックと角膜の厚みの関係って?

イントラレーシック、裸眼視力をアップさせるための手術の一つはレーシックと同様に裸眼視力を回復するための手術方法です。 ですが、イントラレーシックとレーシックでは、手術行程の中で大きな違いがあります。 それは、フラップと言われる角膜をカットしてフタとなる部分を作る行程で、用いられる専用の機器が違うことです。 まず、レーシックではマイクロケラトームという角膜に対して平行に厚みをカットする専用の機器を使います。 上記のようにして、レーシックでフラップを作った場合、 フラップとしてカットした残りの角膜の厚みが矯正できる厚みとなり、約400マイクロ以下が対象となります。 一方、イントラレーシックではイントラレーザーという角膜にレーザーを照射する専用の機器でフラップを作ることによって、 矯正できる角膜の厚みはレーシックよりも最低50マイクロ以上は増えて約450マイクロ以上が対象となります。 結果的に、イントラレーシックのほうがレーザー照射を行うため、 矯正できる角膜の厚みが増えて強度の近視の方にも対応できるということが一つと、 フラップの断面に凹凸がなく、術後もフラップのズレが生じにくいという結果が出ています。

イントラレーシックとレーシックのフラップの違い

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.