イントラレーシックでの角膜の様子

イントラレーシックと角膜の厚みの関係って?

イントラレーシックとレーシックのフラップの違い

イントラレーシックとは、Intra LASIKと書いて、視力を矯正する手術のことです。 イントラレーシックの手術行程で、まず一番肝心とも言うべきフラップの仕組みについて説明しておきましょう。 イントラレーシックで作成するフラップとは、角膜にレーザーを照射して薄くカットして、 視力を矯正させるためのレーザーを照射した後、またかぶせるためのふたのような役目をする部分のことです。 これまでのレーシックの方法でのフラップ作成は、 角膜に直接金属の刃のような機械(マイクロケラトーム)を接触させて行っていました。 しかし、イントラレーシックでのフラップ作成時には、直接角膜に機械が接触することなく、 フラップ作成用のレーザー機器(イントラレーザー)で行われます。 そのため、とても安心で安全な手術と言えます。

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.