イントラレーシックでコンタクトレンズにサヨナラ

イントラレーシック対コンタクトレンズでは?

イントラレーシックは、角膜にレーザーをあてて治す手術として、 最近では芸能人やスポーツ選手等でうける人も増え以前よりポピュラーになってきました。 なぜ、このようにイントラレーシックを受けてまで、 コンタクトレンズ等で視力を矯正することを止めようとする人が増えつつあるのでしょうか? それにはやはり将来的に長い目で見てメリットがたくさんあるからでしょう。 イントラレーシックの大きなメリットの一つとして上げられるのが、 コンタクトレンズを長期使用した場合とイントラレーシック1回の手術費用のコスト面です。 概算で示すと、コンタクトレンズ両眼で1DAY1日240円のものを10年間使用しつづけた場合、864,000円のコストがかかります。 一方、一般的なレーシック手術を1回した場合、200,000〜500,000円で済みます。 さらに最近では、ネット販売等で使い捨てコンタクトレンズを簡単に手に入れることができるようになったために、 定期的な眼科検診を怠りコンタクトレンズを使用する人が増えたため、眼病の発症率が以前に比べて増加傾向にあるようです。 イントラレーシック対コンタクトレンズの対決は、コスト面において長い目で見れば、イントラレーシックにあるように思われます。

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.