イントラレーシックとレーシックについて

イントラレーシックはレーシックの進化形!?

イントラレーシックとは、レーシック(LASIK)と言う従来行われてきた、角膜屈折矯正手術の精度がより高まって、 さらに安心をもって受けることができるようになった、進化形とも言うべき視力回復手術なのです。 イントラレーシックとレーシックを比較してみて、大きな違いは、 角膜にフタのような形状のフラップといわれる部分を作り出す段階にあります。 まずイントラレーシックは、最新の精巧機器であるイントラレースFSレーザーを使用し、 直接機器が角膜に触れることなく、完全なコンピュータ制御によるレーザー照射で行われるのに対して、 レーシックはステンレス製のマイクロケラトームを使用し、角膜に直接カンナのように往復した動きをするので、 若干フラップの断面の部分に凹凸が生じることがあります。 上記を読めば手術の技術レベルは一目瞭然ですよね。 よってイントラレーシックは、レーシックよりもより角膜への負担が少なく、 術後のデメリット等の発生率も低く抑えることに成功しています。 眼科でもイントラレーシックの方を勧めるところが、多くなってきているようです。

イントラレーシックとエピレーシックについて

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.