イントラレーシックとレーシックについて

イントラレーシックはレーシックの進化形!?

イントラレーシックとエピレーシックについて

イントラレーシックは視力矯正する手術方法の一つで、INTRALASE社製イントラレースFSレーザー(米国)を使用し、 コンピュータ制御で角膜に作る蓋の形状をした部位(フラップ)をより精密に作成することが、従来のレーシックより可能になりました。 ということで、イントラレーシックの方法で視力矯正手術を行えば、 これまでのレーシックよりも精巧にフラップを薄く作ることができるので、 イントラレーシックのほうが、強度の近視の方には従来のレーシックより適した手術方法とも言えます。 一方エピレーシックという視力矯正の手術方法は、エキシマレーザーを使用するので、 従来のレーシックで行うマイクロケラトームを使用する方法よりも、フラップをさらに薄く作成することが可能です。 このことから、エピレーシックという視力矯正の手術方法は、 近視・乱視の強さに対して角膜が薄いと診断された方や、 ボクシングなど眼球に打撃のあるスポーツをする方に適した手術方法と言えます。

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.