イントラレーシックを強度の近視の方は知っておくべき!?

イントラレーシックは乱視の人に適している!?

イントラレーシックは、レーシックで用いるマイクロケラトームの代用として、フラップ(角膜のフタの部分)を作る段階で、 イントラレースレーザーという最新のレーザー器具を用いて作成するため、直接角膜に触れません。 よってイントラレーシックは、通常のレーシックより安全で、 しかもフラップ作成の手順をコンピュータ制御で行うため、細やかな設定ができます。 つまり、乱視や近視を矯正する治療法として今一番最先端で期待されています。 乱視や近視で長年にわたりコンタクトレンズを使用している方には、とても関心が高く興味のある視力矯正方法の一つです。 コンタクトレンズを装着することの不快感や、日常の煩わしさを永久に感じずに生活できたらと思っている方も多いのでは? そんなイントラレーシックのメリットは、まずレーシックに不向きな角膜の形状の方でも対応できるということです。 次に乱視や近視などの矯正精度が高いということです。 そしてすでにイントラレーシックをしている人のほとんどが、 術前に希望していた視力を手に入れることができたという結果がでています。 また、保護用のコンタクトレンズは不要です。

イントラレーシックで乱視が治る?

イントラレーシックは老眼治療にも効果あり?

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.