イントラレーシックの術後の痛み

イントラレーシック後のサウナって可能?

イントラレーシックは、精密機器であるレーザーを使って、角膜に対して視力を矯正するために手術を行う一つの方法です。 イントラレーシックという言い方自体が、国内ではあまりポピュラーではありませんが、 海外ではプロゴルファーのタイガー・ウッズ選手が、既にイントラレーシックを受けて見事に視力が回復しています。 しかも術後の回復が早く、翌日には視界がすっきりとして、視力が回復してきているのを感じることができます。 しかし術後に注意することとして、サウナは1ヶ月以降でないと困難です。 サウナ好きの人には少し酷な気がしますが・・・。 イントラレーシックを受けた当日は、顔や髪を洗ったりお風呂に入ることはできませんが、 翌日に健診を受けて経過が良好であれば翌日からお風呂に入ることができます。 同じ顔が濡れる関係で、サウナ同様プールも1ヶ月後くらいからでないとダメということです。 スキューバダイビングになると、3ヶ月ぐらいまで待たないと難しいようです。

イントラレーシックは夜間の視力に影響がでる?

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.