イントラレーシックとレーシックについて

イントラレーシックとレーシックにはどのようなところに違いがあるのでしょうか? そもそもレーシックとは視力矯正手術のことを意味していて、イントラレーシックは視力矯正手術する上での一つ方法なのです。
イントラレーシックの手術方法は、 角膜を作る蓋(フラップ)の役目をする部分の作成方法にこれまでの一般的なレーシックと違いがあります。 なんだか「角膜を作る蓋」・・・と聞くとちょっと想像しにくい感じもしますが、 従来のレーシックはマイクロケラトームという電動カンナの装置で作成します。 しかしイントラレーシックでは、アメリカのINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いて、 コンピュータ制御でより角膜を作る蓋(フラップ)を精密に作成することが可能になったのです。
つまり、イントラレーシックという視力矯正手術方法を行えば、 これまでのレーシックよりもフラップを精巧に作成することができるので、よりフラップを正確に薄くできます。 ですので、イントラレーシックのほうが、通常のレーシックよりも強い近視の方向きの矯正手術に適していると言えるでしょう。

イントラレーシックはレーシックの進化形!?

イントラレーシックとエピレーシックについて

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.