イントラレーシックを強度の近視の方は知っておくべき!?

イントラレーシックは、視力を回復するための手術方法の一つで、 イントラレースFSレーザー(アメリカINTRALASE社製)を使用して、 コンピュータ制御で角膜にフラップと言われる蓋を精巧に作ることが可能です。 マイクロケラトーム(電動カンナのような装置)を使用する通常のレーシックでも、精巧なフラップを作成することはできますが、 カンナ部分が往復運動することによって、通常のレーシックではフラップの断面がややでこぼことしてしまったり、 まれにフラップのつなぎ目の部分(ヒンジ)が斜めになり、シワが発生するといったトラブルもありました。 しかし、コンピュータ制御されているイントラレーシックでは、 フラップの断面もヒンジの部分も本当に素晴らしくキレイに仕上がり、トラブルの問題はほとんどないと言えます。 さらにイントラレーシックは、強度の近視でお悩みの方にはとても朗報と言えます。 従来のレーシックと比較してよりフラップを薄く精巧に作成することができるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増えて、 従来のレーシックよりも強度の近視を矯正することができるのです。 強度の近視の方で「視力回復を実現させたい!」という方にはチャレンジしていただきたい治療法です。

イントラレーシックは乱視の人に適している!?

イントラレーシックで乱視が治る?

イントラレーシックは老眼治療にも効果あり?

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.