イントラレーシックの術後の痛み

イントラレーシックとは、角膜表層の一部を薄くめくり(めくった部分をフラップと呼びます)、 医療用レーザーを使って角膜の実質層に照射して、角膜の形状を矯正の内容に応じて変化させ、 屈折率を矯正するという視力回復のための手術方法です。 フラップを作ることで術後の痛みや感染症はほとんどないため、 イントラレーシックの安全性と手術後の回復力は格段に高まっています。 イントラレーシックは、これまで「私のようなド近眼は、一生このままメガネやコンタクトのお世話になりつづけるのかしら・・・」 と思いこんでいた人には、安心して受けることができる治療法です! しかも、イントラレーシックを受けたことによる術後の痛みなどはほとんど心配いりません。 イントラレーシックは、フラップを作成し術後角膜の表層部を温存できるという最大の利点があるため、 術後の痛みは驚くほどのものではないのです。

イントラレーシック後のサウナって可能?

イントラレーシックは夜間の視力に影響がでる?

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.