イントラレーシックでの角膜の様子

イントラレーシックは、強度の近視や乱視または遠視などの日常生活で、 視力を矯正しなければならない方が視力を回復するために行われる手術のことです。 イントラレーシックの行程は、角膜のふたになる部分(フラップ)を作るための専用レーザーを角膜に照射します。 次に、事前に検査をしたデータをもとに、屈折矯正専用のレーザーを角膜に照射します。 そして最初に、行程で作成されたフラップを角膜のもとの位置に戻し、消毒をして術後の経過を診て異常がなければ終了となります。 イントラレーシックの行程は、両目あわせておよそ20分で終了するといいますから驚きですよね。 しかもイントラレーシックを受けた翌日には、 コンタクトレンズをつけていた時よりさらによく見えるようになったという体験者の声もあります。 まさに裸眼ではっきりくっきりと見える喜びを実感できる、そんな夢を実現させてくれる視力回復手術です。

イントラレーシックと角膜の厚みの関係って?

イントラレーシックとレーシックのフラップの違い

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.