イントラレーシックでコンタクトレンズにサヨナラ

イントラレーシックという視力回復手術さえ受けてしまえば、矯正視力の方がこれまでの日常生活の中で、 最低限必要不可欠とされてきたコンタクトレンズにサヨナラすることができます。 イントラレーシックは、両眼が20分程度で終わる手術で、術後の痛みもそれほどなく、翌日にはウソのようにクリアに回復します。 コンタクトレンズを長期使用することを考えれば、 経済面からしてもイントラレーシックを受ける人が徐々に増えてきているとも言われています。 例えば、2ウィークのコンタクトレンズを両眼20年間使用し続けたとします。 すると、なんと90万円以上もの費用が必要になる計算になります。 イントラレーシックは一度受ければ一生物、コンタクトレンズは装着時の一時的な物というように考えることができますよね。

イントラレーシック対コンタクトレンズでは?

レーシック
施術に適しているかどうかは病院で事前にチェックできるので一度診てもらってはいかがですか。

Copyright (C) 2007 レーシックの知っておきたい事. All Rights Reserved.